大阪市西区の家族全員で通える歯医者です。小児歯科から審美・ホワイトニング、入れ歯・インプラントまで、幅広い診療項目に対応しております。

ブログ
  • アーカイブ

  • カテゴリー

バランスの良い食事

2019年1月18日

こんにちは✨

受付兼歯科助手の大塚です💕

年末年始はついつい食べ過ぎてしまったり、何かと食生活が乱れがちです。だらだらと気づいたら何か口にしたりしていませんでしたか

だらだら食べてしまうことは口腔内環境に悪く、虫歯の原因になってしまうことはご存知かと思います。

では、歯にとってよい食べ物はあると思いますか?意外にも歯にとって特別よい食べ物はないのです🙄

 

それでは、どうしたらいいのかと思いますよね?

実は普段から耳にする「栄養バランスの良い食事」が歯にもいいんです。そうは言っても栄養バランスの良い食事を簡単に取るのは難しいですよね💦
最初は1日3回の規則正しい食事と、間食を控えることからはじめてみても歯を守る習慣になってきます😊

 

特に虫歯になりやすい人は、砂糖を中心とする菓子類やジュース、栄養ドリンクなどには要注意です😥

どうしても間食がやめれない方は、キシリトールをはじめとする虫歯になりにくい甘味料を使用しているものや、無糖のお茶などに切り替えていくことも予防に繋がっていきます

もちろん当院で販売しているPOs-Cα Fのガムを間食に噛んでいただいても大丈夫ですよ😘

ごはんや甘いものを食べると、お口の中は酸性に傾き歯の表面が溶かされます。しかし、唾液中のカルシウムやミネラルが歯を元の健康な状態に戻す働きをしてくれています。

唾液が多いということは虫歯予防につながり、噛む回数が多くなる食事は、歯やあごの力が強くなるだけでなく、唾液の分泌量を増やしてくれるんです

日常の食事で、よく噛まなければ飲み込みにくい硬いものや食物繊維を多く含んだ食事を心がけるとことも大事になってきます。また唾液には、口の中を清潔に保ち、歯の表面を強くするという働きも持っているんです。

バランスが良い食事の摂ろうと硬いものや食物繊維を豊富に含んだものを探してみるのも食事の楽しみに繋がるかもしれませんね。一例ですが、

🍴硬いもの🍴

こんにゃく、いか、たこ、豚モモ、牛モモ など

🍴食物繊維が豊富🍴

 

海藻類、柑橘類、きのこ類、青菜野菜 など

ちなみに、寝ている間は唾液の分泌はほとんどおこなわれないので、寝る直前の飲食は控えたほうが◎です!歯磨きも忘れがちになるので、寝る前にお口の中もクリーンにして睡眠を取ってくださいね😆

 

歯のことなら、立売堀にある新町なみき通り歯科までご相談ください❤

 

歯ぎしり

2019年1月10日

こんにちは✨

受付兼助手の山田です‼
皆さん、歯ぎしりや歯をくいしばったり
していませんか❓❓
歯ぎしりには3種類のタイプがあります❗
①グラインディング
グラインディングとは、ギリギリと上下の歯を擦り合わせる歯ぎしりです。
多くの人が就寝中にしている歯ぎしりがこのタイプで、ギリギリと音が聞こえるのが特徴です。
②クレンチング
クレンチングとは上下の歯を強く噛みしめる歯ぎしりです。
昼夜関係なく、集中していたり、大きなストレスなどがある時に無意識に、歯を強く食いしばります。
グラインディングと違い音は聞こえません。
舌の側面に凸凹と歯型がついていることがあります。
③タッピング
タッピングとは上下の歯をカチカチ鳴らす歯ぎしりです。
カチカチと歯を合わせるのがタッピングの特徴です。
ギリギリと音が鳴るグラインディングとは音の種類が違います。
これらは全て口腔習癖で、歯や顎、顎関節などに
大きな負担となり様々な症状が起こることがあります。
●歯の擦り減り、亀裂、破折
●歯がグラグラする
●歯周組織にまで負担がかかり、歯周病が進行
●歯の亀裂から知覚過敏へ
●顎関節症
これら口腔習癖への対応としては、“ナイトガード”と言われる装置(マウスピース)があり、これにより歯が擦り減ってしまう事を防いだり、顎の骨を過剰な力から守ります。ナイトガードは、歯医者さんで作ることができます。
ご自身で気づいた時や人から指摘されてわかったタイミングで、歯科への受診をしましょう✨

お出かけにいかがですか?

2018年12月30日

こんにちは🍀
歯科助手の松原です(*^^*)

あっという間に今年も残り2日ですね!
今日も大阪は風が冷たく冷え込んでいます⛄
皆さん温かくしてお出かけしてくださいね🌸

今日はお子さまとの冬休みのお出かけにぴったりな
おすすめスポットをご紹介します🚗✨

まるで大人のように仕事にチャレンジできる
職業・社会体験施設「キッザニア」はご存知の方も多いと思います✏️
楽しみながら社会や経済の仕組みを学べると
ファミリーから人気を集めています👨‍👩‍👧✨

そんなキッザニア甲子園パビリオンの中には
実は歯科医院もあるんですよ💡
治療だけではなく、予防も歯科医院の大切な
仕事だと気づくことができます⭐︎

まず、特殊なカメラで自分の口の中を観察👀
磨き残しがないかチェックし、歯磨き方法を学びます✏️
そのあと、本格的な額模型を使い歯垢をとる練習をして虫歯の治療を体験します◎

虫歯になるとなぜ困るのかを知ることで、
子どもたちの虫歯への予防意識もアップすることが魅力です✨

ぜひ冬休みのお子さまとのお出かけにいかがですか?(*^^*)

新町なみき通り歯科

おススメの歯磨き粉

2018年12月20日

こんにちは、歯科衛生士の藤原です!
今回は、最近私がはまっている
歯磨き粉についてご紹介したいと思います♪
それは、クリンプロ歯磨きペーストです✨
何度かご紹介させていただいていますが
改めてご紹介させていただきます。
先輩衛生士のお話しによると、
担当の患者様でよくコーヒーを飲む方がいらっしゃり、定期検診のたび着色を除去していました。
でも、この歯磨き粉をお勧めしてから、
格段に着色が減り徐々に白くツヤのある歯になっていたそうです🎶
このクリンプロには、
歯を構成する成分のリンとカルシウム
歯の強化をする成分のフッ素が含まれています。
これにより高い虫歯予防の効果があります。
それに加え、CPC、IPMPという成分が含まれており歯周病予防の効果も期待できます。

味もとっても美味しくて泡立ちにくく

私のおススメの歯磨き粉です☺️✨
新町なみき通り歯科では
4人のスタッフが購入して使っています🎶(笑)
当院でも販売しておりますので
気になる方は是非お声かけください⭐

歯ブラシ選びも大切なんです

2018年12月13日

こんにちは😃
歯科助手兼保育士の田口です🌟

さっそくですが、皆さんはどんな歯ブラシをお使いですか?☺️

歯ブラシには、様々な形、大きさ、持ち手の長さ、ブラシの長さの物があります🙆‍♀️

どれを使っても同じじゃないの?🤔
と思われる方もいらっしゃると思います💫

ところが‼️
みなさん、1人ひとりのお口に合った歯ブラシを使って頂くことで、きちんと汚れを取る事ができ、歯周病や虫歯のセルフ予防にもつながるのです☺️‼️

逆に、合わないものでケアしていても、せっかく頑張っていただいていても、磨き残しの原因になることも…😱💦

当院では、患者様お一人おひとりに合う、歯ブラシも提案させていただいてます🙋‍♀️✨
気になる方は、いつでもおっしゃって下さい💛

ちなみに、私は🌟ルシェロ🌟という歯ブラシの、🔷やわらかめ🔷を愛用しています☺️

ブラシの先端が少し突起があり、奥歯まで磨きやすいです💙
また、私はどうしても力んで磨いてしまうので、ふつうの硬さだと歯茎を傷つけてしまうため、やわらかめにしています💚

このように、患者様の磨き方なども選ぶ基準にもなります🌟

お気軽にお声かけくださいね🙋‍♀️✨

歯のことなら新町なみき通り歯科へ💫
お電話はこちら💁‍♀️📞0665354182

セミナーに参加しました!

2018年12月12日

こんにちは⛅️

保育士兼助手の大海です!

最近、急に寒さが増して❄️冬らしく❄️なってきましたね☃️

急な温度差や、年末の忙しさで体調を崩しやすいと思いますが、いかがお過ごしでしょうか🥺

今年も残すところあと少しですが、みなさんはどんな1年でしたか?

毎年いくつかセミナーを受講しているのですが、今年もセミナーに参加してきました。

「食育セミナー」に参加し、なぜ食育が大切なのかという事について学んできました。

私が驚いたこと、印象に残っていることを少しお話しさせていただきます😌

生活をしていて、どうしてもストレスが溜まってしまうということがあるかと思いますが、なんとストレスも歯科に大きく関わっているとのことでした!

ストレスがかかると鉄分が分離し、歯周病菌のエサになってしまうのです💦

しかし、ストレスは噛むことによってコントロールが出来ます✨

噛む力は不快情報に応答した扁桃体活動を抑制し、その結果として前頭前野活動が抑制され、意識下で不快度の軽減が感じ取れるそうです!

また、噛むことによりストレスが軽減されるだけでなく、脳の連合野や海馬が活性化したり、脳梗塞や糖尿病を予防することやダイエットにも効果的なのです☝︎💕

目安として、一口30回噛むといいそうです😳少し大変そうに感じますが、意識しながら食事をとってみようと思います🤭

年末で、お忙しい方も多く、どうしてもストレスが溜まりやすくなるかと思いますが、たまには息抜きをし、みなさんが無理せず今年も無事に終えることができますように🥰

写真は、毎年この時期になると、スタッフ達で飾り付けをするクリスマスツリーです🎄❤︎

{935A9C05-FB52-4824-B5C8-D83FDB3796F7}

新町なみき通り歯科

お電話はこちら☎︎

食生活、大丈夫ですか?

2018年12月10日

こんにちは、衛生士の福井です💕
寒い季節、みなさま体調などお変わりないでしょうか?
元気な身体でいるためにも、健康に気を遣うことはとても大切なことですが、実生活ではどんな事に気をつけていますか?😃
私のここ最近、日々の食事を見直さないといけないなぁと気付かされたことがありました。
それは『ビーガン』という言葉を知ったから🌹
簡単にいうと、ベジタリアンよりさらに上をいくイメージです。
肉・魚類を避けるベジタリアンに加え、
卵や乳製品(牛乳、チーズなど)を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のことだそうです🍀
とはいえ、
いきなりビーガンを目指すのは難しそうなので、
まずはもっと簡単ですぐ出来そうなことから始めようと思ってます😝笑
・野菜中心でバランスを考えた食事をする
・無駄な外食は控える
・ファーストフードやコンビニ食は控える
・お菓子や甘いものは極力避ける
・身体を冷やすものは口にしない
 
あとは、食生活含め、あらゆる生活に関する勉強をもっとしていこうと思い、思い切って本を購入しました😊✨
自分が学べば、患者様へのお話も内容が変わると思ってます。
むし歯や歯周病予防も、もちろん大事です✨
さらに、健康な身体への関心も我々スタッフとともに高めていけたらいいですね!

小児矯正(プレオルソ)

2018年11月20日

こんにちは

新町なみき通り歯科の山本です。
お子様の矯正治療についてのお話しです。
矯正治療は、
年齢によってⅠ期治療とⅡ期治療に分かれます。
Ⅰ期治療(全ての歯が永久歯に萌え変わる前の治療)をすることで、将来の歯ならびに多くの良い影響を及ぼすと言われています。
〜10歳ごろ
Ⅰ期治療:予防矯正(混合歯列期)
・歯ならびの改善
・かみ合わせの改善
・口呼吸から鼻呼吸へ
・お口ポカンの改善
・正しい発音、飲み込み
11歳ごろ〜
Ⅱ期治療:本格矯正(永久歯列期)
歯にブラケットを貼り付けワイヤーで歯を移動させる
プレオルソとは、Ⅰ期治療に用いる装置です。
Ⅰ期治療で終了する方もいれば、Ⅱ期治療まで希望される方もいらっしゃいます。
Ⅱ期治療を希望される場合にも、Ⅰ期治療をしておくと大きなメリットがあります。
・Ⅱ期治療の治療期間を短くできたり
・抜歯しなくて済む
・矯正後の後戻りの原因になる、
    舌癖や口呼吸を改善しておくことができる
・プレオルソを装着しお口の体操をすることで、
    口腔周囲筋を鍛えることができる
Ⅱ期治療の準備としてもⅠ期治療はとても効果的です。

親知らずが引き起こすトラブル

2018年11月13日

こんにちは!

歯科助手兼保育士の糸賀です😌

今日は、親知らずが引き起こすトラブルについてお話しします!

親知らずは、「智歯」「第三大臼歯」とも呼ばれ、1番奥に生えてくる永久歯のことです😳

上下左右に4本すべて生えてくる人もいれば、1~3本の人、歯肉の下に埋まったままで生えてこない場合もあります😌

~親知らずから考えられるトラブル~

○虫歯や歯肉に炎症が起こりやすくなる

ななめに生えていたり、

途中までしか生えていない場合は、

歯ブラシが届きにくく、

虫歯の原因につながります😖💦

また、プラークや食べかすがたまりやすくなり、

周辺が不衛生になり、

歯肉に炎症が起きてしまいます。

(↑これを、「智歯周囲炎」というそうです😖)

○歯根の吸収

親知らずが手前の歯に食い込むように生えていると

手前の歯の歯根吸収(根っこが溶けてしまうこと)を

引き起こすことがあります。

こうなると、最悪の場合には手前の歯の抜歯が

必要になることもあります☝🏻☝🏻

○口臭

歯ブラシが届きにくいため

汚れが溜まりやすく、口臭の原因に

つながることがあります。

上に挙げたように、

様々なトラブルが考えられます!

生え方や状態によっては抜歯が

必要になることもあるので

この機会にご自身の親知らずについて

考えてみて下さいね☺️☺️

抜歯について詳しく知りたい…

など何かお困りの際には

お気軽にご相談下さいね٩(^‿^)۶🌼

🐿新町なみき通り歯科
📞電話はこちらへ

デンタルエステセミナー

2018年11月10日

こんにちは。
衛生士の比野です😊
今回は【デンタルエステ】の
セミナーに参加してきました。
歯科衛生士を長くしてきましたが、
今までデンタルエステを学ぶ事がなかったので、
とても勉強になりました✨
セミナーではマッサージについて
学んできました。
歯茎マッサージを行う事で
顔のむくみがとれたり、
唾液がよくでるようになったりなど
いい事ばかりです。
お家で簡単に出来ることとしては、
一回に2粒のガムを20分噛んでください。
お口周りの筋肉を鍛える事が出来ます。
噛み続けると、だんだん
お口の中に唾液が広がっていきます。
また、ガムを噛んだ分だけ、
口元が鍛えられてキレイになれると、
イメージしながら噛む事も、大切だそうです。
ガムは、キシリトールやポスカなどの
虫歯予防効果のあるものを選んでください。
お口周りの筋肉を鍛えるとともに、
虫歯予防もしていきましょう!
是非皆さんもやってみてください!!
何かわからない事があれば
いつでも聞いてくださいね!
1 2 3 4 5 6 12