大阪市西区の家族全員で通える歯医者です。小児歯科から審美・ホワイトニング、入れ歯・インプラントまで、幅広い診療項目に対応しております。

審美歯科
審美歯科

審美歯科

近頃、テレビや雑誌などで審美歯科に関して取り上げられることが多くなってきました。
それは、笑顔が、他の人から見たとき清潔で明るいイメージを与えるためです。
例えば、人と話す時に口元の虫歯や黄色い歯、口臭などは印象が悪くなってしまいます。
特に女性ではそういったことがコンプレックスとなり、おもいきって笑えないという方もいらっしゃるとおもいます。

本院では、虫歯や歯ぐきの治療も当然のことですが、こういった審美歯科的なお悩みを持っておられる方に対して十分満足いただける治療を目指しております。
歯並びや歯の色を変えてあげることで、多くの方が、顔の表情がよくなり、 引っ込みがちの性格が明るくなります。 歯や口元のコンプレックスを克服することで、見た目を変えるだけでなく、精神面までも変わることができるのです。

セラミック治療

オールセラミック

オールセラミック

二種類あり、メタルセラミックスとオールセラミックスです。 メタルセラミックスは金属にセラミックを焼き付けたもの、オールセラミックスはすべてセラミックで作られたものです。
以前は、メタルセラミックスのほうが破折しにくくトラブルが少ないと考えられてきましたが、 現在では、新しいセラミックスが次々発売されオールセラミックスでも割れることなどは非常に少なくなってきています。
審美的な面から考えると、オールセラミックスの方が、より天然の歯に近いものを作ることができます。

オールジルコニア

オールジルコニア

オールジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれ、オールセラミックスに比べて低価格で高強度であることです。
歯ぎしりの激しい患者様であっても破折する心配が軽減されます。
歯だけでなく、調理器具や人工関節などにも使われているくらい丈夫で安全なセラミックです。

セラミックインレー

セラミックインレー

現在多くの部分的な詰め物に金合金やアマルガム(水銀含む)が用いられ、詰め物の周囲から虫歯になったり、歯が欠けたり、金属アレルギーの原因となったりしています。
しかし、これらの治療法は生体に安全な材料が用いられ、歯の色に非常に近づけることができ、詰めたあとがわからないようにできます。
さらに、接着性のセメントをもちいることにより、歯と一体化できることにより、金属を用いるよりトラブルが少ないと考えられています。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ホワイトニングでは改善できない色や歯の隙間、少しの歯列不正などを治療する場合の治療方法です。
歯の表面を最小限の厚さ削り、セラミックを貼り付け(付け爪のようなもの)で、白くする方法です。
セラミックを用いるので、色の変化や著しい磨耗などはなく、非常に薄いですが耐久性があり自然感のある治療法といえます。

セラミックの特徴

天然歯に近い、自然な色合い

セラミックの最大の特長は、他の素材にくらべて天然歯に最も近い色調と透過性を表現できることです。 進行したムシ歯を治療する場合、今までは金属のクラウンをメインに、目に見える部分だけを歯の色に近いセラミックスで覆うことで見た目をよくしていました。
オールセラミックス治療の場合は、そのすべてにセラミックスを用いるため、驚くほど自然な感じに仕上がります。

体に優しい天然素材

セラミックは生体親和性が高いため身体にやさしく、金属アレルギーの心配もありません。

変色しにくく、耐久性に優れます

セラミックは非常に高い強度をもつため、欠けたり擦り減ることがほとんどありません。
また、変色しにくいことも、セラミックならではの特長です。