大阪市西区の家族全員で通える歯医者です。小児歯科から審美・ホワイトニング、入れ歯・インプラントまで、幅広い診療項目に対応しております。

インプラント
インプラントの構造

インプラント

インプラントとはなんらかの理由で天然歯を失ってしまった人に適した新しい治療法です。
右図のように、親和性の高い素材(チタン)で作られた人工歯根を顎の骨に埋める手術を行う治療法をインプラント治療と言います。

インプラントには、従来のブリッジや入れ歯にはない長所があり、硬い食べ物もしっかりと噛むことができます。>
食事をおいしく食べることができ、食べる楽しみを取り戻すことができます。 入れ歯のように、食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛い思いをすることもありません。
また、旅行のときに、入れ歯を外したお顔をお友達に見られる心配もありません。

インプラントの治療の手順

審査・診断

審査・診断

無料カウンセリング後、まず、歯科用CTやレントゲン、口腔内診査、歯型、血液検査などなどによる十分な診断を行い、これらを用いて治療計画を立てます。
このとき、歯周病の診査も行い、歯周病の治療が完了してからインプラント治療へ移ります。

インプラント治療は、顎の骨に十分な厚さがないとできません。顎の骨の厚さが十分でないと、安定性や機能面で問題が生じてしまうのです。
ただし、あごの骨が足りずにインプラント治療ができない場合でも、骨の移植や再生療法によって治療が可能となります。

1次手術(埋入手術)

1次手術(埋入手術)

局所麻酔にて行います。歯肉を開いて、チタン製のインプラント(人工歯根)を骨の中に埋め込みます。
その後歯肉を閉じて、インプラントと骨が結合するまで待ちます。(手術方法や部位などによって待つ期間は違います)

2次手術

2次手術

局所麻酔にて行います。
インプラントの上部補綴装置(かぶせ物)を取り付けるために歯肉を貫通させます。

補綴修復

補綴修復

インプラント上で型取りを行い人工歯(かぶせ物)の製作を行います。
2次手術から約1~6週間後に人工歯をかぶせてインプラント治療は完了です。

インプラント治療度は、定期的に検診を受ける必要があります。
レントゲンで骨の状態をチェックしたり、かみ合わせや口腔内の環境がうまくいっているかどうかなど、診断してもらうことが大切です。
可能であれば3ヶ月毎のペースで、年4回はメンテナンスをおすすめします。

インプラントのよくあるご質問

インプラントの成功率は?
さまざまな学会による報告から、全身的、局所的に問題のない患者さんにインプラントを適応した場合、成功率は上顎92~94%、下顎95~98%といわれています。
インプラントの手術は痛くないの?
インプラントの手術に関してはほとんどの場合が、歯を抜くときと同じ局所麻酔で行われています。
つまり、その程度の麻酔でも問題なく、術中に痛みが出るこ ともほとんどありません。
但し、インプラントの手術に追加して骨を造る手術を行う場合や手術に対して不安の多い人、全身的な疾患を持っている人などは、不安をなくすようなお薬を点滴しながら手術を行うときもあります。
手術後の痛みや腫れは、人や手術の大きさによって違いますが、しっかりとお薬を飲んでお口 の中を清潔にしていれば、普通の生活をしていただけます。
誰でも治療は受けられるの?
普通の歯科診療を通院して受けられる方なら問題はありません。
しかし、重篤な全身の疾患を持っていたり、進んだ糖尿病の方は十分な診査が必要です。タバコを多く吸われる方も、一時中断していただくこともあります。
顎の骨の量が極端に少ない方もできない場合があります。
これらのことは、十分な診査の後にご相談させていただきます。
インプラントに不具合が出た場合は?
まれに、骨に埋めた人工歯根の部分が骨に結合しないで取らなければならないことがあります。しかし、ほとんどの場合、同じ場所にもう一度埋め直せば、非常に高い確率で成功します。
それは最初に計画したインプラントの綿密な治療計画やそれに基づいた正確な治療にかかっています。全ての人が必ず 100%成功するとは限りません。
しかし、インプラントがうまくあごの骨に結合しないときでも、リカバーできる計画を立てておけば、結局成功に導くことが できます。