大阪市西区の家族全員で通える歯医者です。小児歯科から審美・ホワイトニング、入れ歯・インプラントまで、幅広い診療項目に対応しております。

一般歯科

むし歯治療

むし歯治療

虫歯は早期発見・早期治療が大切です。

治療費を抑え、治療での身体への負担を減らすためにも、虫歯の早期発見はとても大切です。
そのためにも「定期健診」にご来院頂くことがとても重要です。口腔内の問題を早い段階でつかみ、治療を行うことが長期的に見ると患者様本人の利益に繋がります。

虫歯を放置するデメリット

むし歯だと気づいていても「痛い・怖い」という理由で放置する方が多く、近年では「時間がない」という事も理由として増えてきました。
また、むし歯を放置していると「一時的に痛みが治まる」ことがありますが、これは虫歯が治ったり良くなったりしたのではなく、歯の内部の神経が死んでしまい痛みを感じなくなっただけのことです。 身体には自然治癒があり、少々の擦り傷などは放っておいても治りますが、歯だけは放置しておいて勝手に治るという事はありません。

虫歯を放置した場合・・・

  • 歯の根の中に膿が溜まり、さらに激しい痛みに襲われます
  • 虫歯が深くなればなるほど、治療は長期化します
  • 口腔内だけでなく、身体にも悪影響を及ぼすことがあります
  • 通院回数が増え、治療費も膨らみます

抜随すると歯の寿命が半分に?

どんなに痛んでいた歯も、神経をとってしまえば痛みが無くなります。むし歯になっても、神経をとってかぶせ物やつめ物をすれば問題ないと考えていませんか?

考えてみて下さい、もしあなたの身体が痛みを感じなくなったら・・・
転んで擦りむいても、骨を折ったとしても気が付かないかもしれません、その先に起こる事は想像に難しくはありません。 歯にとって神経を失うと言うのは、身体が痛みを感じない事と同義です。

当院では、歯を削ったり安易に抜髄して、かぶせ物やつめ物をするのは、真の治療とは考えていません。
治療において、可能な限り「歯を削らず・神経を取らず・歯を抜かず」歯の寿命を長くするMI治療(ミニマルインターベンション)を実施し、そもそもむし歯にさせない・治療したむし歯を再発させない、本当の意味での治療『予防歯科』を徹底したいと考えています。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病とは、歯を失う一番の原因とされている病気で、成人の80%以上が罹患していると言われています。

歯周病も虫歯と同様に特殊な細菌による感染症です。進行した虫歯のように痛みなどの自覚症状を起こさないため、知らない間に進行し、気付いた時には手遅れになっていることが非常に多く見られます。
さらに、お口の中で、部分的に進行するだけでなく、全体的に進行していることが多く認められます。

成人の80%以上が罹患

歯周病の原因と症状の進行

どうして歯周病になるのでしょうか。
歯磨きなどをしないでいると、歯の表面にネバネバした白いものが作られますが、これをプラーク(歯垢)といいます。これは細菌の塊で、歯垢1ミリグラムには、細菌が1億個もいるといわれています。
これが石灰化すると歯石となり歯にこびりつき、歯磨きをしても取れないくらい硬いものに変化してしまいます。この歯石が、歯周病菌の格好の足場となり歯肉に炎症を起こし、最終的には歯を支えている骨(歯槽骨)まで溶かしてしまいます。

歯周病は初期では歯ぐきが赤く腫れるなどの軽い症状で進行し、痛みなどの症状で気付いた時には、歯を支えている骨が喪失したため歯がぐらぐらするなど、手遅れになっていることが非常に多いのです。

歯周病の進行

歯周病の症状としては、

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきからすぐに出血する
  • 口臭がする・歯ぐきがやせてきた
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯ぐきがムズムズしたり、浮いたような感じがする

などが挙げられます。
タバコ あと歯周病を進行させるような要因として、

  • タバコ
  • 口呼吸
  • 女性の思春期、妊娠中、 更年期
  • 歯列不正
  • 糖尿病
  • 食生活
  • ストレス(睡眠不足)
  • 不適合な被せ物
歯周病と全身疾患との関係

歯周病と全身疾患との関係

何が原因なの?
現在、歯周病から多くの全身的疾患が引き起こされることがわかり、医科でも問題となっています。

歯周病は口腔内の多くの菌が原因となり、歯ぐきに炎症を起こします。この際、産生される炎症性物質が血液中に入り、全身を巡って悪い影響を及ぼすと考えられています。
特に最近クローズアップされてきている疾患が、心臓病、早産・低体重児出産、糖尿病、肺炎・気管支炎などです。

心臓病

1.心臓病
最近のアメリカの研究によって、歯周病は心臓病を引き起こす危険因子のひとつであることがはっきりしてきました。
細菌性心内膜炎は、もともと心臓に障害がある人の心臓に、歯周病細菌が血流を介して定着することによって引き起こすことが知られています。
最近クローズアップされてきているのは心筋梗塞と狭心症で、これらは心臓の筋肉に酸素を供給している管状動脈が狭くなって引き起こされる心臓病です。

歯周病によって動脈が狭くなる原因は、主に2つあります。
1.炎症性物質が血管そのものを変性させてしまう。
2.炎症性物質が血栓を形成するように働いて血管壁を狭める。

早産・低体重児出産

2.早産・低体重児出産
妊娠中は体内各所に女性ホルモンが多く分泌されており、それを栄養素とするある種の歯周病菌により歯周病になりやいため、 妊娠中はとりわけ口の中を清潔に保つよう特に気をつける必要があります。

しかし、歯周病に罹患している場合、メカニズムはまだ、はっきりしていませんが、低体重児出産や早産を起こすリスクが高くなると疫学研究で言われています。
これは、歯周病で慢性の炎症状態にある時につくられる生理活性物質が子宮収縮と子宮頚部の拡張を引き起こすことにより、早産となるものと考えられています。

糖尿病

3.糖尿病
以前より、糖尿病が歯周病の進行を早める危険因子であることはわかっていました。その機序としては、免疫力の低下といわれてきました。
しかし最近の研究では、歯周病により産生された炎症性物質が、さらにインスリンの作用を阻害して糖尿病を悪化させることがわかってきました。
逆に糖尿病患者の歯周病の炎症症状を悪化させる機序もわかってきました。

肺炎・気管支炎

4.肺炎・気管支炎
歯周病細菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢、痴呆、脳血管障害など身体の防御機能が低下した状態では、細菌を含む唾液などを誤嚥することで肺炎にかかる率が高くなります。

骨粗鬆症

5.骨粗鬆症
歯周病は、歯を支える歯ぐきや歯槽骨を壊していく病気。 歯槽骨が弱くなると、歯周組織の破壊が進みやすくなるため、骨粗鬆症は歯周病を進行させる一因と考えられています。

上記の全身的疾患に罹患するリスクを高めないためにも、
早めの歯周病治療及び定期的な検診をお勧めいたします。

歯周病の治療

歯周病の治療とは主に、歯垢・歯石などにより、腫れた状態の悪い歯ぐきを、ブラッシング指導や専門家による機械的清掃をすることで、健康で引き締まった良い状態の歯ぐきにすることです。

  • ブラッシング指導
  • 歯垢、歯石の除去
  • 不適合な修復物のやりなおし
  • 生活習慣の改善
  • 歯列不正の是正

歯周病のQ&A

歯周病を改善する処置を受けたら、歯がしみて前より悪くなったような気がします。
歯周病の原因となるプラークや歯石を除去し歯周病が改善されると、腫れていた歯肉は引き締まり、歯根部分が露出してきます。
そこに冷水などの刺激が直接あたるため、しみるように感じるのです。多くの場合が一時的で、徐々に良くなっていきます。
スケーリングを受けたら、歯肉が少し痛みます。なぜですか?
プラークが石灰化して硬くなった歯石は、先のとがったスケーラーで除去します。この処置を行った際に、鋭い刃先で少し傷をつけてしまうことがあります。
スケーリング後は、無理にブラッシングしないでおきましょう。数日で違和感は消えますから、そうしましたら、いつもの様にブラッシングしてください。