大阪市西区の家族全員で通える歯医者です。小児歯科から審美・ホワイトニング、入れ歯・インプラントまで、幅広い診療項目に対応しております。

歯科用CT
AUGE SOLIO

歯科用CTについて

「高精度の検査」で「正確な診療」

当院では、最新の高性能3次元CT「AUGE SOLIO」を導入いたしております。 従来の2次元の歯科用レントゲンとは違い、3次元CTは、お口の環境や歯根の形状、骨の状態まで>、お口の中をより詳細に正確な検査することができ、しっかりとした治療計画を立てることが可能です。
また、画像を診療チェア前のモニターに映し出し、患者様にもご確認いただいていおります。さらに、従来との違いとして放射線量は10分の1以下で、安心で安全な治療のご提供を実現します。

歯だけでなく、顎の内部構造や上顎洞の形態、粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できるので、これまでの2次元的なレントゲンではわかりにくかったところも見落とすことなく、適切な治療をすることができます。

さらに、治療内容に合わせた10パターンの撮影モードがあります。そのため、一度のCT撮影で発見できる症状が増え、より症状が軽い段階での治療を可能にし、患者さんの負担を軽減します。

安全性について

歯科用CTが不可欠な分野

インプラント

インプラント治療

インプラントは、歯の抜けた所に人工の歯根を植え、顎の骨と固定した後、その上に人工の歯を装着する方法です。
このインプラントを適切に行うには、顎の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を把握することが重要です。

親しらず

親しらずの抜歯

横を向いていたり、埋まっている親知らずは神経と接していたり根が曲がっていたりしているため、十分な診査を行わず抜歯を行うと、神経麻痺などの医療事故の原因になったり、予想以上の難抜歯になる場合があります。
CTによる歯の形や位置を確認をしておくことで、はじめて安全に抜歯を行うことができます。